平成28年度 天心堂へつぎ病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分0~10~20~30~40~50~60~70~80~90~
患者数 26 27 32 40 65 142 351 436 668 299
【解説】
当院は一般病棟、地域包括ケア病床、回復期リハビリ病棟、緩和ケア病棟を有する病院です。
骨折術後や脳梗塞急性期治療後のリハビリ目的で入院してこられる患者さんが多いことに加え、
高齢の消化器外科手術患者さんの増加、地域性などから、60歳以上の入院患者さんが8割を超えています。
また、同法人内には診療所や健診センター、在宅クリニックや老人保健施設、有料老人ホーム等があり、
横のつながりを持って地域の保健・医療・福祉を支える役割を果たすよう努めています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
各診療科別に患者数の多いDPC14桁分類(DPCコード)を集計。
項目はDPC14桁分類に対する症例数、平均在院日数(自院・全国)、転院率、平均年齢で、各診療科別に上位5つを掲載。
※対象患者さんが10症例未満の場合、該当箇所に-(ハイフン)を入れています。
呼吸器内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上・手術なし・重症度2) 14 20.64 15.29 0.00% 83.57
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎(手術なし) 12 31.50 21.25 0.00% 83.92
040120xx99000x 慢性閉塞性肺疾患(手術・副傷病名なし) 13.85
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症(手術・副傷病名なし) 12.43
040090xxxxxx0x 急性気管支炎等(手術・副傷病名なし) 6.02
【解説】
肺炎の症例が多く、誤嚥性肺炎など高齢者に特有の肺炎患者さんが多い傾向にあります。
高齢者の肺炎は重症化しやすいため、入院期間も長期化していることがわかります。
その他間質性肺炎など呼吸器専門の肺疾患症例の受け入れも行っています。
消化器内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎(手術なし) 22 36.55 21.25 0.00% 84.00
060130xx99000x 食道、胃、十二指腸、他腸の炎症(その他良性疾患)(手術等なし) 13 9.08 7.44 0.00% 65.46
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症(手術・副傷病名なし) 12 27.83 12.43 0.00% 80.25
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎(手術・処置等なし) 12 4.58 5.50 0.00% 49.08
030400xx99xxxx 前庭機能障害(めまい)(手術なし) 11 12.46 5.24 0.00% 72.64
【解説】
内視鏡室を拡張し内視鏡センターを設立、胃・大腸内視鏡検査に力を入れています。
消化器癌だけでなく、腸炎や憩室症など多岐にわたる消化器疾患を治療しています。
大腸ポリープに対する内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術を年間60症例行っていますが、短期滞在手術に該当し
DPC対象外となるため、本集計からは除外されています。
更に消化器疾患だけでなく、誤嚥性肺炎や尿路感染症、めまい等も幅広く診察しています。
腎臓内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎(手術なし) 38 49.68 21.25 10.53% 88.08
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全(手術等なし) 37 29.95 12.84 8.11% 79.35
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上・手術なし・重症度2) 14 19.00 15.29 0.00% 86.64
030400xx99xxxx 前庭機能障害(めまい)(手術なし) 11 11.18 5.24 0.00% 75.55
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上・手術なし・重症度1) 13.60
【解説】
透析部門を有し人工透析や、透析シャント造設術も行っており、多くの腎不全患者さんの治療に対応しています。
また、必要に応じ高度急性期への転院や、腎生検の紹介患者さんの受け入れなど他院との連携も行っています。
腎疾患だけでなく、肺炎やめまい等の患者さんを幅広く受け入れています。
循環器内科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患(経皮的冠動脈ステント留置術等) 27 35.9 4.71 11.11% 70.33
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患(心臓カテーテル法による諸検査等) 19 3.05 3.06 0.00% 70.84
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎(手術なし) 11 38.27 21.25 18.18% 85.36
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上・手術なし・重症度2) 15.29
050140xx99x00x 高血圧性疾患(手術等なし) 9.30
【解説】
心筋梗塞や狭心症による冠動脈の狭窄や閉塞に対し、カテーテルによる検査を行ったり、バルーンや
ステントを用いた治療を行っています。
他院と連携も密に行っており、患者さんの状態に応じ転院等も行います。
その他循環器疾患以外の疾患にも幅広く対応しています。
外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
060335xx02000x 胆のう結石、胆嚢炎等(腹腔鏡下胆嚢摘出術等) 26 8.88 7.61 0.00% 59.50
06007xxx99040x 膵臓の悪性腫瘍(手術なし・化学療法ありかつ放射線療法なし) 20 10.50 11.65 0.00% 81.15
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍(手術なし・化学療法あり) 17 2.59 4.48 0.00% 59.00
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍(手術なし・化学療法あり) 15 2.13 4.64 0.00% 65.00
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎(手術・処置等なし) 13 4.85 5.50 0.00% 40.62
【解説】
患者さんの身体の負担の少ない腹腔鏡を使った手術を多数行っています。(胃癌・大腸癌・胆嚢・鼠径ヘルニア・虫垂炎等)
また、がん患者さんに対する抗癌剤治療も行っています。
鼠径ヘルニアは短期滞在手術でDPC対象外のため集計には上がってきませんが、胆嚢結石等の腹腔鏡下胆嚢摘出術に次いで
2番目に手術件数が多い疾患です。
脳神経外科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
160650xx99x0xx 廃用症候群(手術等なし) 12 57.67 23.85 0.00% 78.17
030400xx99xxxx 前庭機能障害(めまい)(手術なし) 11 7.55 5.24 0.00% 73.64
01021xxxxx0x0x 認知症(手術等・副傷病名なし) 13.60
010040x099x00x 脳内出血等(手術等なし) 19.35
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む)(手術・副傷病名なし) 20.57
【解説】
急性期の脳梗塞・脳出血だけでなく、リハビリ目的の転院患者さんも多く受け入れています。
リハビリ病棟を有するため、骨折術後の患者さん等積極的にリハビリを行っています。
また、慢性硬膜下血腫に対する血腫穿孔洗浄術にも対応しています。
血腫穿孔洗浄術とは、頭に小さな穴を開け、頭に溜まった血液を吸引、洗浄除去する手術です。
その他、めまいや認知症、胸腰椎圧迫骨折等、幅広く診察を行っています。
泌尿器科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
11012xxx99xx0x 上部尿路疾患(手術・副傷病名なし) 12 11.25 5.25 0.00% 60.00
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症(手術・副傷病名なし) 12 12.75 12.43 0.00% 72.67
110310xx01xx0x 腎臓または尿路の感染症(経尿道的尿管ステント留置術等あり) 14.67
11013xxx99xxxx 下部尿路疾患(手術なし) 9.43
110200xx99xxxx 前立腺肥大症等(手術なし) 5.98
【解説】
当院では尿管結石の患者さんが多く、体外衝撃波や経尿道的尿管ステント留置術による治療を行っています。
また、泌尿器系のがん患者さんに対する抗癌剤治療も行っています。
小児科
DPCコードDPC名称患者数平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率平均年齢患者用パス
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 15 4.47 5.79 0.00% 6.40
040100xxxxx00x 喘息 6.42
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 5.50
010080xx99x00x 脳脊髄の感染を伴う炎症 9.36
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 6.09
【解説】
予防接種、乳児健診はもちろん、小児の夕方診療や日曜診療を行っています。
また、病児保育施設も併設しており、働く世代が受診しやすくなっています。
乳幼児の入院にも対応しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
癌の中で5大癌と呼ばれている、胃癌・大腸癌・乳癌・肺癌・肝癌の患者さんの人数を初発のUICC病期(ステージ)分類別、および再発に分けて集計。
患者数は延患者数。例えば一連の治療期間に入退院を繰り返した場合、同一患者さんに入退院を繰り返した回数をかけた数を延べ患者数とする。
初発再発病期分類
基準(※)
版数
Stage IStage IIStage IIIStage IV不明
胃癌 11 1 7版
大腸癌 22 15 1 7版
乳癌 16 1 7版
肺癌 12 1 7版
肝癌 1 7版

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

【解説】
健診センターが同施設にあり、健診での胃および大腸内視鏡検査も行っています。
胃癌、大腸癌ともに当院では患者さんへの負担の少ない、内視鏡手術や腹腔鏡手術を積極的に行っています。
乳癌の手術後再発・化学療法施行症例が多い理由として、緩和ケア病棟を有するため
癌の再発により緩和医療を必要とする患者さんを多く受け入れていることが挙げられます。
大腸癌の手術後、当院で化学療法を受ける患者さんも昨年に比べ件数が増えています。

※対象患者さんが10症例未満の場合、該当箇所に-(ハイフン)を入れています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
成人市中肺炎患者さんの人数を重症度別に集計。
重症度は成人市中肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器学会)による重症度分類システム(A-DROP)を用いて分類。
患者数平均
在院日数
平均年齢
軽症 16 9.69 57.31
中等症 103 28.18 84.27
重症 26 42.35 86.12
超重症
不明
使用する指標
Age
男性70歳以上、女性75歳以上
Dehydration
BUN 21mg/dl以上または脱水あり
Respiration
SpO2 90%以下(PaO2 60torr以下)
Orientation
意識障害あり(肺炎に由来する)
Blood Pressure
血圧(収縮期)90mmHg以下
重症度分類と治療の場の関係
軽症
上記5つのいずれも満足しないもの
→ 外来治療
中等症
上記1つまたは2つを有するもの
→ 外来または入院治療
重症
上記3つを有するもの
→ 入院治療
超重症
上記4つまたは5つを有するもの
→ ICU入院
ただし、ショックがあれば1項目のみでも超重症とする
【解説】
当院は肺炎の中等症~重症患者さんが多く、平均年齢も高くなっています。
高齢者ほど重症化することが多く、重症になるほど平均在院日数も長くなる傾向がみられます。

※対象患者さんが10症例未満の場合、該当箇所に-(ハイフン)を入れています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
脳梗塞の病型別患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計。
ICD10傷病名発症日から患者数平均在院日数平均年齢転院率
G45$一過性脳虚血発作及び関連症候群-
G46$脳血管疾患における脳の血管(性)症候群-
I63$脳梗塞3日以内 15 56.93 83.33 3.57%
その他 13 66.08 80.38 10.71%
I65$脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの-
I66$脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの-
I675もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症>-
I679脳血管疾患,詳細不明-
【解説】
脳梗塞を発症して3日以内に入院してくる患者さんが多くを占めています。
また、回復期リハビリ病棟を有するため、急性期治療を終えたリハビリ目的の患者さんの受入も積極的に行っています。

※対象患者さんが10症例未満の場合、該当箇所に-(ハイフン)を入れています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
各診療科別に症例数の多い手術件数を集計。
項目は手術コード(Kコード)に対する症例数、平均術前日数、平均術後日数、転院率、平均年齢、患者用パスの有無で、各診療科別に上位5つを掲載。
創傷処理、皮膚切開術、非観血的整復術、徒手整復術等、軽微な手術およびすべての加算は除外。
外科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 40 4.4 9.18 0.00% 63.18 腹腔鏡下胆嚢摘出術
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 17 1.29 10.12 0.00% 66.35 腹腔鏡下鼠径ヘルニア根治術
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍 を伴わないもの)
K7434 痔核手術(脱肛を含む)(根治手術)
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)
【解説】
腹腔鏡手術の件数が伸びており、できるだけ患者さんの負担の少ない手技の手術を行っています。
循環器内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 22 3.14 1.55 0.00% 70.59
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他)
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症)
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他)
【解説】
2015年10月から手術開始し、冠動脈ステント留置術等や心臓カテーテル検査等を積極的に行っています。
また、ペースメーカー移植術やペースメーカー交換術等も行っています。
ペースメーカーとは、心拍数が病的に少なくなった場合に、身体に埋め込み、人工的に電気刺激を行って
心臓の働きを助ける役割をする機器のことです。
消化器内科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 60 0.12 1.15 0.00% 63.48
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
K688 内視鏡的胆道ステント留置術
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層)
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上)
【解説】
内視鏡室を拡張し内視鏡センターを設立、胃・大腸内視鏡検査に力を入れています。
ポリープや内視鏡で摘出可能な早期癌に対し、1泊2日の短期入院で治療しています。
昨年に比べて手術件数は増加傾向です。
2番目に多い胃瘻造設術とは口から食事が摂れなくなった患者さんや食べてもむせて肺炎を起こしやすい人に、
直接胃に栄養を投与することが出来るようにする手術です。
泌尿器科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 18 5.28 10.67 27.78% 84.17
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 ESWL患者用
K7981 膀胱結石摘出術(経尿道的手術)
K7812 経尿道的尿路結石除去術(その他)
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)( その他)
【解説】
当院では尿管ステント留置術を行う高齢の患者さんが多くなっています。
尿管ステント留置術とは、様々な疾患により尿が出にくくなった人の尿路に管(ステント)を入れる手術です。
また、体外衝撃波腎・尿管結石破砕術にも対応しています。体外衝撃波とは結石に対し体の外から衝撃波を
当てて結石を小さく破砕し、尿から排出させるための手術です。
男性の発症患者さんが多く、予定入院の場合は、2日程度で退院出来ます。
その他手術件数は少ないですが、膀胱悪性腫瘍手術等にも対応しています。
眼科
Kコード名称患者数平均
術前日数
平均
術後日数
転院率平均年齢患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 63 0 1.22 0.00% 78.08
K2822 水晶体再建術(眼内レンズを挿入しな い場合)
【解説】
当院は白内障に対する水晶体再建術を主に行っています。
白内障の紹介患者さんも積極的に受け入れています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
播種性血管内凝固、敗血症、真菌症、手術・術後などの合併症の患者数と発症率を集計。
DPCで最も医療資源を投じた病名と入院のきっかけになった病名が『同一』か『異なる』か分類し集計。
DPC傷病名入院契機症例数発生率
130100播種性血管内凝固症候群同一
異なる
180010敗血症同一
異なる
180035その他の真菌感染症同一
異なる
180040手術・処置等の合併症同一
異なる
【解説】
播種性血管内凝固症候群(DIC)とは様々な基礎疾患により、全身の出血傾向と血栓が形成される重症な病気です。
敗血症も同様に全身性炎症反応の重症な病気です。

合併症の発生率は当然ながら低い方が良いとされています。
当院では患者数は10症例未満であり、発生率は昨年度の全国の指標と比較しても低率です。

※対象患者さんが10症例未満の場合、該当箇所に-(ハイフン)を入れています。
更新履歴
リクルート
ページ先頭へ