薬剤師 求人・採用情報

当院では、より患者さんに寄り添い、患者さんと向き合った薬剤業務をするため、病棟への薬剤師配置にこだわりを持っています。「幅広い薬剤業務を経験してみたい」という薬剤師を募集しております。

まずは、当院薬剤科へ見学に来てみませんか? どうぞお気軽にお問い合せ下さい。

天心堂 薬剤科のビジョン

  1. 薬剤師としての知識を活かし、薬物療法の支援を行います。
  2. 医療チームの一員として、他の職種との連携のもとにチーム医療に貢献します。
  3. 適切な医薬品の管理と情報提供を行います。

天心堂 薬剤科の特徴

1.仕事の幅の広さ

複数の診療科がある総合病院なので、幅広い分野の医療に携わることができます。
薬も内服薬や注射から抗がん剤、栄養輸液など様々です。

2.電子カルテの活用

電子カルテシステムからのオーダリング、散剤監査、薬袋印字、薬剤情報提供などのシステムを導入し、人為的なミスを起こさないための体制を整えています。

3.多職種との連携

感染制御チーム、栄養サポートチームをはじめ、医師や看護師、薬剤師など多職種が関わる医療チームを設置しています。合同カンファレンスや病棟ラウンドを実施し、患者さんに良質な医療を提供するよう努めています。

研修について

1.新入職員オリエンテーション、リフレッシュ研修

社会人および医療人としての基礎知識とスキルを習得するための研修を実施します(3月)。また、この研修は職種や配属先を越えて新入職員が集まる場です。ここで出会った仲間との関係がチーム医療の中でも役立ってきます。リフレッシュ研修は7月に行っています。

2.薬剤科業務の研修

新卒の方の場合、入職して最初の1~2ヵ月は内服調剤・注射調剤の流れを覚えてもらいます。進捗度に合わせて、監査、遅番の練習、電話対応、抗がん剤調製、服薬指導など段階を経て覚えていただき、約1年間で基本的な業務を身に付けられるよう薬剤科全員でフォローしていきます。

3.大学病院での研修

大分大学医学部付属病院で1~2年目の薬剤師の研修を受け入れていただいています(例年1~2日程度)。学生実習の時とはまた違う目線で、質の高い医療を実際の現場で学ぶことができる貴重な機会です。

福利厚生

1.研修費・参加費補助

業務として学会や研修会などへ出席する際は、参加費や旅費の補助が出ます。

2.保育所完備

子どもを持つ職員が安心して働けるよう、保育所や病児保育を設けています。

3.福利厚生

互助会があり、職員旅行やレクリエーションがあります。

理事長メッセージ

連携するチーム医療の実践にむけて

病院をはじめとする医療機関で行われる「療養」なかで、薬物療法は大きな柱です。さらにその進歩は衰えることはありません。その薬物療法を適切に患者さんへ提供することが医療機関の、そして当薬剤科の務めです。その実現のために情報を収集し、知識を高めるべく日々努力をしている薬剤科に惜しみなく支援する態勢、他職種と連携するチーム医療の実践にむけて「薬」の専門家の力を十二分に発揮できるような環境を整えています。
当法人の医療圏の人々に選ばれる病院になるよう、薬剤科スタッフをはじめ法人全体が一丸となって適正な医療を提供するべく邁進して参ります。

薬剤師の1日の仕事の流れ

AM

調剤
発行された処方内容を電子カルテで確認し、調剤、監査をします。
服薬指導
お薬を正しく服用いただくために、患者さんのもとへ説明に伺います。お薬について不安や疑問点があればお答えし、指導内容は電子カルテに記録します。
持参薬鑑別
患者さんが入院時に持ってこられたお薬の内容を調べ、医師へ報告します。

PM

委員会出席
院内感染対策、医療安全対策委員会などに出席しています。
注射薬調剤
翌日に使用する注射薬を注射箋に基づいて調剤します。
院内研修会
製薬会社や、院内感染対策、医療安全研修会もあります。
多職種ラウンド・Dr回診
院内感染対策、NST、医療安全ラウンドなどがあります。

よくいただくご質問

天心堂薬剤科で働くメリットは?
1年目から、服薬指導やカンファレンスに携わることができるところです。院内全体で多職種連携が活発に行われており、各部署との交流も積極的に行われています。
シフトはどのように決まりますか?
希望休をカレンダーに書いてもらい、出勤人数との兼ね合いを見て調整しています。
残業はありますか?
月10時間程度の残業があります。
有給はどれくらい取れますか?
平均10日前後取れます(5日は確実)。2時間、半日、と時間休としての取得も可能。そのため、遅出や早退も可能です。
当直はありますか?
ありません。電話当番(待機)があります。
職場の雰囲気は?
明るく話しやすい雰囲気の職場です。
研修会は?
月1回の医局勉強会、薬局勉強会(不定期)があります。その他、外部の勉強会にも積極的に参加しています。
産休・育休は取得することはできますか?
取得可能です。
専門・認定薬剤師を目指すには何が必要ですか?
まずは基本的な能力を身に付けるためにジェネラリストを目指していただきます。5年程度を目安に日本病院薬剤師会の生涯研修認定や日病薬病院薬学認定薬剤師制度、日本薬剤師研修センターの認定薬剤師の取得を目指してください。その後、興味のある専門・認定分野の取得を目指していただきます。研修支援制度もあります。
病院見学はできますか?
可能です。新卒、既卒問わず随時見学を受け付けています。電話または以下の見学申し込みフォームよりお申込み下さい。
休日出勤はありますか。
日曜日は休み、祝日は半日勤務です。病院には入院患者もおりますので、薬剤科を2日以上閉めることはできません。年末年始やゴールデンウィーク等の休日は人数を減らして当番勤務をしています。当番勤務は均等になるようにシフトを組んでいます。

条件・待遇について

お問い合わせ

薬剤科の求人についてのお問い合わせは下記よりお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

社会医療法人財団 天心堂
担当:人事課

メールフォームからのお問い合わせ

※以下入力項目は、全て必須となります。

お名前

返信先メールアドレス

<個人情報取り扱い>

個人情報取り扱いに同意し、送信する

見学お申し込み

より弊院の薬剤科のことをご理解いただく為に、薬剤科見学の受け入れを年間を通して積極的に行っております。担当スタッフがご案内いたします。以下のフォームよりどうぞお気軽にお申込み下さい。

※以下入力項目は、全て必須となります。

見学のご希望日

現在の職業
お名前

ご連絡先

<個人情報取り扱い>

個人情報取り扱いに同意し、送信する
ページ先頭へ