文字の大きさ

診療科目

病院概要

部門紹介

腎臓内科

腎臓内科では、主に腎臓の機能に異状のある一般的に「慢性腎臓病」といわれる患者さんの診断・治療を行っています。

膠原病や糖尿病の合併症として腎臓の障害を認めることがあり、膠原病科や糖尿病内科と連携して治療を行っています。

高度の腎臓の機能低下がみられた場合には、人工透析の導入、およびその後の維持管理も行っています。

医師紹介

おおの診療所 所長
透析センター 顧問
岡部 英司 (おかべ えいじ)
1992年 大分医科大学
(現 大分大学医学部)卒業
大分大学医学部臨床教授
日本内科学会認定内科医
日本腎臓学会認定腎臓専門医
日本透析医学会認定透析専門医・指導医
腎臓内科部長
透析センター長
岩下 智彦 (いわした ともひこ)
1995年 大分医科大学
(現 大分大学医学部)卒業
日本内科学会認定医
日本腎臓学会認定腎臓専門医
日本透析医学会認定透析専門医・指導医

主な治療法

  • 食事療法(減塩食・蛋白制限食)
  • 腎臓障害が原因となっている高血圧に対しての降圧療法
  • 腎炎やネフローゼ症候群に対してはステロイドなど免疫療法。

特にIgA 腎症に関しては、耳鼻咽喉科に扁桃摘出術を依頼し、扁摘ステロイドパルス療法を積極的に行っています。

主な検査

腎臓病の原因および重症度を判定するために、超音波を使って経皮的腎生検を実施しています。

当院では、患者さんの都合に合わせて2泊3日の短期入院で腎生検を実施しており、生検の病理診断結果を基に積極的な治療も行っています。