文字の大きさ

診療科目

病院概要

部門紹介

循環器内科

不整脈、心不全、狭心症、心臓弁膜症などの心臓病全般に対応しています。

動悸、息切れ、むくみ、めまい、ふらつき等の自覚症状がある方および、診療所からの紹介された患者さんを診療します。

医師紹介

循環器内科部長
河野 嘉之 (かわの よしゆき)
大分医科大学
(現大分大学医学部)卒業
日本内科学会認定医
日本循環器学会専門医
日本心血管インターベンション治療学会認定医

検査や治療

  • 冠動脈320 列CT
    大分でもまだ導入が少ない高性能CTスキャンで、造影剤を用い冠動脈の狭窄や閉塞の程度を評価し、理想的な冠動脈疾患の治療へつなぎます。
  • 頸動脈超音波検査
    頸動脈に超音波をあて動脈硬化の程度(厚み)を調べます。
    また両上腕と両足関節の血圧を専用機器で測定する事で血管の硬さや詰まりの程度を調べます。
  • 血管内皮機能検査
    特殊な検査機器を用いて、血管内皮(壁)の機能を調べる事ができます。
    異常がある場合は生活習慣病のご指導や、内服薬を含めた治療を積極的に行います。
  • 心臓超音波検査
    胸に超音波をあて、画像で心臓の動きや形態、心臓弁の異常などの検索を行います。
  • 12誘導心電図/運動負荷心電図
    胸に電極を装着し狭心症や不整脈の診断を行います。
  • 血液・生化学検査
    血液中のコレステロールや血糖などを測定し、脂質異常症や糖尿病を発見し、治療を行います。
  • 睡眠時無呼吸検査
    睡眠時無呼吸症候群は、心筋梗塞や脳卒中など重い病気の引き金になる確率が高く、上記の検査等に加え1泊2日入院で終夜睡眠ポリグラフ検査を行う事で、早期発見早期治療につなげる事ができます。