松本弘名誉院長の胸像除幕式を行いました

松本泰祐会長からは、名誉院長が壮絶なノモンハン戦に軍医として加わり、この戸次の地で医師として開業した経緯のお話をされ、河村理事長からは天心堂の歴史を抱き名誉院長の思いは職員一丸となって継承していきたいとご挨拶がありました。

胸像の台座には名誉院長の思いが記されています。
「真心をもって天の心に答え、地道な苦行を重ねる・・・この信念信仰に生き、同志と共に連携しこれを社会福祉に、更には社会更生に敷衍(ふえん)実行することを命ずる。・・・これは戸次地区が更に一歩進めて真の文明文化の町として再生、過去の殷賑(いんしん)を取り戻し更には名実ともに天下に名をなす文明文化の町として花開く狼煙(ろうえん、のろし)であり、夜明けの声である。」

DSC_1949.jpg

IMG_0081.jpg

一覧へ
ページ先頭へ