文字の大きさ

天心堂情報

天心堂の理念

天心堂の保健・医療・福祉実践指針

  • 出かける医療
  • 見ざる言わざる聞かざる医療はしない
  • なんとかする医療
  • 予防し、治し、自立を支える医療

医療供給体制の環境整備指針 -2A3C―

受け入れやすい医療
包括的な医療
協調性のある医療
継続的な医療
責任ある医療
Accessibility
Comprehensiveness
Coordination
Continuity
Accountability

天心堂の目標

良質にして包括的な保健・医療・福祉を地域に提供する

更に変化に応じ、持続できる保健・医療・福祉供給体制を実現する

"天心堂"の名称の由来


松本弘名誉院長 診察室にて

 天心堂の歴史は、1980年9月1日の個人病院 ― 天心堂へつぎ病院 ― の創設に始まります。天心堂という名称は名誉院長 松本弘によって提唱されました。
  "天心"とは、天の中心、太陽を意味します。太陽は富める者も貧しき者も平等に照らします。これは《患者を差別しない》という点で医療の心にかなっています。このような意味で天心堂を病院の名称としました。また、へつぎ病院の"へつぎ"は、病院所在地の"戸次"がへつぎと読みづらいので平仮名としました。