トップページ > 人財募集 > 研修医募集
文字の大きさ

研修医募集

医大生のあなたへ
内科系3年目の後期研修医を募集します

当院での研修は、縦割りの専門研修を行わず、各専門科と有機的に連携をとりながら全人的・包括的な医療を提供できる医師としての知識・経験を積み、より優れた人間性豊かな臨床医を養成することを目標とします。

臨床能力の高い医師になるには、感性のある人間性・人格が要請されます。その人間性がベースになり、多様にして豊富な知識・経験が融合されることにより、全人的・包括的な医療の創造が可能となります。

医学書の中に記されていることを忠実に実行することのみが医療ではありません。その知識をもとにして患者・家族が最も納得された形に創り上げていくことが私どものめざしている良質にして包括的な医療です。その考え方の基本を身につけることが後期研修では殊に重要だと考えます。

当院の特徴は、各科にレベルの高い専門医が在籍し、各科の垣根が低く一体感があることです。

このような特徴を考えた場合、もっとも効率的な研修ができると確信しています。

  • 内科を主体に患者を持つ。
    腎臓内科、消化器内科、呼吸器内科、糖尿病・内分泌内科がありますが、一般内科の患者をもちながら、それぞれの専門領域の患者も同時に受け持つ。
  • 外科、脳外科、泌尿器科などその他内科以外の疾患も日常診療で遭遇する頻度の高い疾患は受け持つ。
  • 外科手術は出来る限り見学する。出来れば数名程度入院患者を受け持ち、外科とはどういうものか感覚的に理解する。
  • 外来は診療所外来を中心とし、生活習慣病や多発病、いわゆる common disease に精通する。(後期研修後半には往診・訪問診療も経験可能)

以上の経験を積めば、総合診療医の専門医取得の条件は整えられます。

  • 専門科が決まれば、将来的に国内留学も含め専門医取得のサポートをします。
  • 循環器に関しては、専門的な研修を行いたい場合は業務提携を行っている心臓外科を備えた社会医療法人大分岡病院での研修が可能。
  • 総合内科専門医を取得し、病院総合内科医や外来診療中心のプライマリーケアを中心とした診療を行っていくことが可能。

当へつぎ病院での後期研修に関しては研修を受ける医師の志望に適合したオーダーメイドの研修を行います。又、比較的遭遇頻度の高い疾患は一通り診療でき、更に自己の専門分野を研鑽していくことを目標としています。


2013年 1月10日
へつぎ病院 内科系副院長
研修担当主任指導医
岡部 英司