トップページ > 看護部 > 新人看護職員研修
文字の大きさ

新人看護職員研修

オリエンテーション

現場でスムーズに患者さんにケアできるように技術指導をします。

口腔ケア

実習で患者さんには実施していた看護ケアですが、実際自分でされてみたら患者さんの気持ちがわかります。口をずっと開けておくのも苦痛です。

血圧測定

看護技術で基本の血圧測定です。今は患者さん役がとても協力的ですが、時間に追われているときも基本を守り素早くできるようにしておきます。

吸引

モデルの人形を使って口腔と気管内吸引の練習をします。患者さんへの声かけも忘れずにします。

血糖測定

糖尿病の患者さんには日に4回、血糖測定をします。自分たちもどの程度の痛みがあるのかを体験し、患者さんに少しでも苦痛を与えず測定できるように練習します。

ポジショニング

褥瘡予防の基本を学びます。体交枕の上手な使い方、体圧のかかり方などを体験します。

月間教育目標と研修プログラム(集合教育)

時期 新人月間教育目標 研修プログラム
4月

指導者の実施が見学できる

病棟の雰囲気に慣れる

業務の流れを知る

報告・連絡・相談の方法、必要性、考え方を理解できる

社会人としての責任を認識し行動できる

看護実践に必要な基本的看護技術に関して正しく理解できる

当院の電子媒体について個人情報保護に留意した正しい使用方法を理解できる

<基本的姿勢と態度>

  • 患者の権利と看護職の責務
  • 看護者の倫理的綱領と接遇
  • 患者の理解と良好な人間関係
  • 組織における役割・心構え
  • 職能組織について

<管理的側面>

  • 医療安全管理・情報管理について
  • 業務管理について

<技術的側面>

  • 環境調整技術・食事援助技術・排泄援助技術
  • 清潔・衣生活援助技術・感染予防技術
  • 活動・休息援助技術(移乗・移動・移送)
  • 呼吸・循環を整える技術
    (酸素吸入・吸引・体位ドレナージ)
  • 排泄援助技術(浣腸・摘便)
  • 症状・生体機能管理技術
    (VSの観察と解釈・身体計測・採尿)
  • 安全確保の技術
    (患者誤認防止策・転倒転落防止策)
5月

指導者と共にまた、指導者の見守りのもとに実施ができる

1~3人を受け持ち、情報収集できる

正常・異常が分かり、タイムリーに報告できる

早出・遅出が指導のもとにできる

所属部署で必要な基本的看護技術の一部を指導のもとに実践できる

<技術的側面>

  • 排泄援助技術(導尿・留置カテーテル)、呼吸・循環を整える(ネブライザー吸入)
  • 与薬技術(経口・外用・直腸)
    与薬技術(輸液ポンプ管理・シリンジポンプの準備と管理)
    注射(皮下・筋肉内・皮内・静脈内)
  • 輸血(準備・中・後の観察)・創傷管理
  • 抗生物質の用法と副作用の観察
  • インシュリン製剤の種類・用法・副作用の観察
  • 症状・生体機能管理技術(採血・心電図モニターの装着管理)
  • 安全確保の技術(薬剤曝露防止策・放射線被曝防止策)

<管理的側面>

  • 薬剤等の管理について
  • 感染防止管理について
6月

指導者と共に、また指導者の見守りのもとに実施ができる

受け持ち患者を持ち、情報収集をもとに1日のスケジュールが立てられる

内服・注射が手順に沿って確実に実施できる
データベースの入力ができる

入院時のオリエンテーションができる

退院患者の対応ができる

日々の受け持ち患者の記録ができる

3ヶ月の振り返りと今後の課題を明確にできる

<技術的側面>

  • 症状・生体機能管理技術(12誘導心電図・意識レベルの把握、挿管の介助、気道確保、人口呼吸、心臓マッサージ、止血)

<管理的側面>

  • 医療安全管理について(3ヶ月を終えて)
7月



9月

日勤業務が一人で実施できる

優先順位をつけて行動できる

点滴管理ができる

内服管理ができる

経験した処置や技術を自信を持って実践できる

夜勤に入る準備ができる

医師・他部署への連絡ができる

急変時の対応が指導のもとにできる

<技術的側面>

  • 呼吸・循環を整える技術(人工呼吸器の管理)

<管理的側面>

  • コスト管理
  • 災害・防災管理
10月



3月

受け持ち患者の看護ができる
夜勤業務が開始できる

夜勤業務がリーダの指示のもとにできる

ルーチン業務の独り立ちができる

受け持ち看護師が指導のもとに(支援を受けながら)看護過程の展開ができる

チームメンバーとしての役割と責任を果たしている(看護チームにおける自分の役割を確認できる)