文字の大きさ

診療科目

病院概要

部門紹介

痛み・しびれ外来

「いろいろ病院で診てもらったけど、まだ"痛みやしびれ"が残っている」など経過の長い患者さんがいらっしゃいます。

当外来では、このような経過の長い、手・足の痛みやしびれや、首・肩・ひざの痛み、腰の痛みやしびれなどの症状・病気を診療します。その他にも、ケガや手術をした後の痛みやしびれも同様です。

まず、このような症状がなぜ起きるのか? その原因を診断するために適切な検査(X線撮影、MRI、CTなど)を行います。その結果、治療を開始します。

痛みやしびれに対する治療は、早いほど効果が高いものです。しかし、遅くなれば症状が強くなったり、治療に難渋することがあります。

このような症状・病気に対して、鎮痛剤、血管拡張薬、漢方薬、抗けいれん薬などを使った治療、リハビリテーション(運動療法・物理療法)や鍼灸を用いた治療を行います。

医師紹介

麻酔科副部長
健診・健康増進センター 副所長
水谷 明男 (みずたに あきお)
1990年 大分医科大学
(現 大分大学医学部)卒
日本麻酔科学会認定麻酔科専門医・指導医
麻酔標榜医
日本ペインクリニック学会認定ペインクリニック専門医