文字の大きさ

第18回九州予防医学研究回学術大会開催

2017.3.11(土)と3.12(日)にかけて第18回九州予防医学研究回学術大会が市内ホテルで行われました。
今年は大分県での開催という事で、大会事務局は当法人の健診・健康増進センターが担当し、大会長
は社会医療法人財団天心堂理事長であり健診・健康増進センター所長の松本泰祐が務めました。
九州各地より48団体 1日目228名 2日目223名 計451名の方々が参加していただけました
講演はそれぞれの健診センターでの目標や現状報告とその結果及や考察まで行なわれ、自センターとの
比較ができ、非常に解りやすい内容のものでした。へつぎ病院からも宮島消化器内科部長から
「膵臓癌と超音波内視鏡」河野循環器内科部長から「睡眠時無呼吸症候群と循環器疾患」が行われました。
また12日には大分大学医学部神経内科講座教授松原悦朗先生による「認知症を防ぐ・治す為の処方箋」
と題したご講演頂きました。1日半でしたが非常に充実した学術大会になりました。
ご参加された方々のご協力に感謝申し上げます。

予防学会2017_1.png 予防学会2017_3.png

予防学会2017_2.png